a

Ryota Asakura

ポッピング知識 ウソホント


 黒船屋が自信を持って言える事、それは誰よりも現場を見てきた経験があるという事です。
今回のこのコーナーは一般の方々が少ない経験から憶測する勘違いや、決め付けを一刀両断する事になります。
 独学で得た事実だけを記載しております。参考にしてください。


1章・ポッピングの本質          例えばカツオ、泳ぐのを止めたら死ぬ。これ、本質。ポッピングでは・・・

クロダイ・キビレという魚の動体視力は低い(鈍い)と思われがちではあるが、俊敏に反応するし、俊敏にエサを追う事もできる。
しかしながら、口の形状から分かるように、動いているエサを瞬時に捕える事に適しているとは言い難い。
 つまり、視覚と脳で瞬時に反応し、追う事はできても捕食する事を苦手としている魚である事は疑いようのない事実である。
動いている物を判断し、追う事ができるのだからルアーは小さな口で食いやすい様に動かしてやるのがベストなのである。
 食いやすいとは、つまり一定の動きをするという事である。


 
     
2章・なぜポッパーなのか?       ポッパーが釣れる、釣れた、これは事実。なぜかと言えば・・・      
 


3章・ポッパーに反応する訳        リアクションだ。ただし、全員がリアクションの意味を勘違いして・・・


4章・なぜキビレばかりになるか?    正確には分からないが、キビレはクロダイより南方系の魚・・・


5章・なぜシーバスばかりになるのか?  シーバス(スズキ)とクロダイを比較してみると明確な答えが出てくるが・・・


6章・活性の見分け方             全員勘違いの宝庫だ。みんな間違ってる・・・


7章・カラーの差                なんでもいい。これも正解。いや、オレンジだ!正解。逆に・・・


8章・クロダイとキビレの混生息       なのにキビレばかりになる。これには大きな理由があって・・・

9章・バイトの色々              ドッカン!と派手に出るタイプ、ゴボッっと吸い込むタイプ・・・

10章・アクションの差            プレッシャーが高くなってくると明確なアクションの差が出て・・・

11章・鯛が浮く時              意味が分かるだろうか?黒船屋流で言う、鯛の浮く時とは・・・

12章・フックサイズ             鯛の口の中の構造とサイズを正確に計測すると必然と必要な・・・

13章・ルアーのバランス          本質は不変。だが、新たな方向も見えてきた。それは・・・

14章・リーダーの必要性          最近の僕のリーダーは30LB。なぜか?これには大きな理由が・・・

15章・水質                  ポッピングにおいては大きな要素である水質。この状況を読むには・・・


16章・風                    風は厄介だが、他の作用を考えている人は少ない。その日の事・・・


17章・潮                   潮が効く。聞こえは良いが、効かない方が良い場合もある。効くという事は・・


18章・魚の扱い方              キビレとクロダイの性質をどう考えるか・・・ 
                        キビレよりクロの方が大人しい。キビレは船に上げた後もバタバタと暴れる。                        エラブタが鋭利だから不用意にキビレは持たない方がいい。スパッと指が切                        れる。不意に暴れ出すキビレは短いペンチで針を外すのもオススメしない。ク                        ロにはそういったトラブルが少ないが、8章でも触れた様に高温にクロは弱い                        のでキャッチしたら速やかに次の行動に移す事。最悪は蘇生できず死滅。


19章・リリース                 リリースを推奨する強硬派はこう言う。一匹の魚。食べてしまえばゼロ。逃                        がせば+−1だ・・・ 
                         確かにそうだ。
                        一方で、こういう考え方は無しか?日本は島国。魚を食べる習慣は遥か太古                        からある文化。逃がせとばかり言うのは今までの文化を否定するのと同じ。
                         声高々に言えばいい。食べるから、欲しいっていう人が居るから持って帰る                         よ!と。変にカッコつけるのは良くない。
                          リリースが多い魚、シーバス。汚い場所でも生息可能。デカ過ぎて家では                         捌けない。鱗も多い。困る。だから逃がす。
                          リリースが少ない魚、タチウオ。鱗がなく、調理が簡単、そして美味。
                         みんなが欲しがる、喜ばれる。
                           結局、、、、人間の都合が多い。。